生活拠点を2つ送っている人は格安SIMの契約に注意が必要

私がnifmoを契約した時期は、一旦元のキャリアからマイナンバーポータビリティ申請をし新キャリアへ連絡。転出後はsimカードが届くまでは通信が途絶えるという現状であった。

 

それが今では不通期間が一切なく、ノンストップでsimを切り替えられるようシステムが変わってきているようである。しかし、東京と九州で2拠点生活を送る私には大きな問題があった。simカードの送付は免許証に記載されている住所にしか送れないのである。

 

さらに悪い事にはもしもシークスはいつ発送したかの連絡が遅く、最悪手元に届いてから発送の連絡がくるという状況。結局私の場合、九州にいる間に東京に届いてしまったので、家族に送ってもらうという始末であった。移動生活を送っている人は要注意の格安sim契約である。